« 自己紹介(小野堂天乃介) | トップページ | シナリオ担当(予定)さんが増えました »

黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(4) 行け、小さき書物よ

GoShuです。

下に小野堂さんが書いておられるとおり、今回の企画はミステリのパスティーシュ文化に連なるものを作りたい、という意図もあります。

なんといってもこのカテゴリで多いのはシャーロック・ホームズものです。

こういう企画をしておきながら私はあまり読んだことはないのですが、それはそれは大量に存在します。

原作そっくりのものもあれば、ユーモアパロディに仕立てたものもあります。

巨匠ジョン・ディクスン・カーが書いたユーモアパロディ戯曲もあって、これは以前読みました。

下着姿でうろうろする外交官が出てくるのですが、カー本人が作家仲間の劇でその役を演じたのだそうな。

今回は原則として、サンプル「iのある部屋」のような正統派パスティーシュを想定しています。最初ということもありますので。

しかし、どうしてもユーモアパロディを書きたい!という方がおられれば、必ずしも排除するものではありませんのでご相談ください。

今回は小さな試みではありますが、志は大きめに持っていたいと思います。

とはいえ、小さな試みであることには間違いありませんので、まずはなんといってもお気軽にご参加をいただくことが大事だと思っています。

すこしでも興味がおありであればお気軽に!ご参加ください。懸念事項があれば、これもお気軽に!ご連絡ください。

|

« 自己紹介(小野堂天乃介) | トップページ | シナリオ担当(予定)さんが増えました »

ミステリ」カテゴリの記事

制作日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293148/32230457

この記事へのトラックバック一覧です: 黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(4) 行け、小さき書物よ:

« 自己紹介(小野堂天乃介) | トップページ | シナリオ担当(予定)さんが増えました »