« どうもこのところ眠くて仕方がない病にかかっております。 | トップページ | かきかき。 »

黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(12) 死角

GoShuです。

ご報告事項としましては、「レジュメ90%完成」となります。

後は、冒頭カクテルタイムの会話部分のみが未完成です。

まあ、これは後でも書けますので。

レジュメはこの状態にしておき、中盤、謎の提出部分からシナリオを本格的に書き始めようと思います。

で、書くのに疲れたら気分転換の意味を込めてカクテルタイムのための調べ物を行う、という感じにして効率を上げていこうと思っています。

一昨日ご報告しましたように、少し指慣らしのためにシナリオの一部(実を言うと最後のヘンリーによる謎とき部分)を仮に書いてみたのですが、会話をテンポ良く進めていくこと自体は問題なく進められると思います。

ただ、自分では気がつかない文章のアラがあるかもしれませんので、そこはちょっと心配なところです。

この文章のアラ、単に文章がヘタというのももちろんありますが、もうひとつ、原作の特徴を理解していない、というカテゴリのものもあります。

たとえば、こんな文章があるとします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「いやマニー、それは違う」アヴァロンが即座に反論した。「マクドナルド氏は銀行家なのだよ。君の言う通りだとすると、ごく基本的な金融知識もないということになる」

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんの変哲もない科白ですが、原作では改行等の入れ方は必ず上記のようになっているのですね。下のようにはなっていないのです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

「いやマニー、それは違う」アヴァロンが即座に反論した。

「マクドナルド氏は銀行家なのだよ。君の言う通りだとすると、ごく基本的な金融知識もないということになる」

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

こういうのは、原作の特徴に気がつかなければいくらでも下のようになってしまいますね。

とはいえ。

個人的には、それはまあいいかな、とも思っているのです。

私のみならず、各シナリオ担当者が気がつく範囲で原作に忠実であればそれで十分。

異論もあるかもしれませんが、気がつかないところは仕方がありません。

私は私なりに、自分が気がついているところは、誠実に、原作の特徴にならって行きたいと思っています。

シナリオ制作をご検討なさってくださっている皆様も、どうぞそのような基準で考えていただければと考えております。

それでは、本日はこんなところで。

注1.ご参考までに、切霧さんのシナリオは、上記のような特徴を非常によく

    捉えておいでです。サンプル第二版をお手元にお持ちの方は

    そのような視点でご覧になるとさらに興味深いと思います。

注2.私のシナリオにマクドナルド氏なる銀行家は出てきません。念のため。

|

« どうもこのところ眠くて仕方がない病にかかっております。 | トップページ | かきかき。 »

ゲーム」カテゴリの記事

制作日誌」カテゴリの記事

黒後家蜘蛛の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293148/32715903

この記事へのトラックバック一覧です: 黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(12) 死角 :

« どうもこのところ眠くて仕方がない病にかかっております。 | トップページ | かきかき。 »