« ABAの殺人(完結編) | トップページ | FAQページを更新いたしました & about original ページを開設いたしました。 »

黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(27) スポーツ欄

GoShuです。

いまさらですが、本企画は公募企画です。

よって、主宰者がガシガシと机に向かって原稿用紙のマス目を埋めるだけでは作品は完成せず、広報活動や、場合によってはスカウト活動を行う必要があります。

そのような活動の中に、広くWEB検索を行って、黒後家蜘蛛の会に興味をお持ちの方を探してお声掛けする、というものがございます。

実は、切霧 舞さん、マルチヴァクさんはそのようにして「黒後家蜘蛛の会に興味をお持ちのクリエイターさん」がおいでということを知り、作品ご参加いただいたものです。(ありがとうございます)

お声掛けしてもお忙しいなどでお断りされたり、そもそも連絡がつかなかったりすることもありますが、今後も機会があれば続けようと思っています。

具体的には、「黒後家蜘蛛の会」や「黒後家」などでググるだけなのですが、いろいろなサイトさんが見つかります。

多くは黒後家蜘蛛の会の感想やレビューで、いろいろな見解を見せていただけるのは勉強になります。

基本的には「黒後家」で検索しても結果で出てくるのは95%以上『黒後家蜘蛛の会』に関することで、それ以外が本当の黒後家蜘蛛に関するもの、という感じです。

しかし、先週くらいから、まれに別の件がヒットするようになりました。

先月の29日に起きたロシアの地下鉄テロに関してのものです。ご存じの向きもあるかもしれませんが、その実行組織の名前が「黒後家蜘蛛」というらしいです。

報道等では「黒い未亡人」と称されているようです。ちょっと調べましたが、英語の「Black Widow」同様、ロシア語「Черная вдова」も「黒い未亡人」「黒後家蜘蛛」の双方を表すようです。

もちろんテロは許されるべきでないものの、同組織がチェチェン紛争等で家族や夫を亡くした女性の集まりであること(実際はイスラム原理主義との関わりなどもあり複雑な背景があるようですが)や、同テロ事件の実行犯が20歳そこそこの女性であることなどを知るにつけ、なんとも言えない沈痛な思いにかられます。

『黒後家蜘蛛の会』は、そのおどろおどろしい名前に反して、まことにのんきな話がほとんどです。

ググってヒットするサイトも、それゆえまことにのんきな内容ばかりです。

ふとそこにこのように深刻きわまりない話題がさしはさまっていると、はっと胸を突かれます。

その印象そのままに、企画には関係ないものの、こういうことが企画活動中にありました、そしてちょっと国際情勢についてもこの機会に勉強しました、ということを今日はご報告させていただきました。

|

« ABAの殺人(完結編) | トップページ | FAQページを更新いたしました & about original ページを開設いたしました。 »

制作日誌」カテゴリの記事

黒後家蜘蛛の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293148/34095294

この記事へのトラックバック一覧です: 黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(27) スポーツ欄 :

« ABAの殺人(完結編) | トップページ | FAQページを更新いたしました & about original ページを開設いたしました。 »