« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

企画HPに完成版紹介ページをアップいたしました!

GoShuです。

表題どおり、企画HP

http://www.geocities.jp/kgtzzz/kurogoke/

に、完成版の内容紹介ページをアップいたしました!

これまでのサンプルダウンロードページを改装し、「Works」ページとしております。そちらをご覧くださいませ!

Top

メンバー立ち絵画像の公開は初!でございます。

no nameさんのすばらしいお仕事をどうぞご覧くださいませ。

no nameさんの立ち絵のすばらしいところの一つ、そして他ではあまり見ることができないのは、登場人物がきちんと「アメリカ人」になっているところかなあ、と思っています。

一部メンバーはまだその姿を現しておりませんが、そちらもどうぞお楽しみになさってください。

そして、お詫びです。

一部に「完成版は7月公開」と書いておりましたが、(今日が31日なんで当然と言えば当然ですが)ちょっと間に合いそうにありません。

できるだけ早期に公開できるように努力いたしますので、今しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(56) 静かな場所

GoShuです。

昨日今日は、関係者各位への連絡連絡でした。これはこれで結構時間を取られます。

で、フェーズとしては、「参加者さまチェック中」となります。

後の作業工程としましては、

・チェック内容の展開

・待ち素材の展開

となります。

煮詰まってきております。

HPも公開モードに切り替えなければならないな。

7月31日に間に合うかは……微妙……と言わざるを得ませんが、しかし公開は間近です。

ご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(55) ひったくり

GoShuです。

というわけで、しっぷうどとうの週末がおわりです。

『黒後家蜘蛛の会贋作集』、一気に完成形に近付きました。

こんなに連続集中して制作したのは初めてでした。

とはいえ、客観的な第三者が経過と結果を観察していたら、「ほとんど小野堂さんがやってるんじゃないか」と言うのは必定なのですが。

そのとおり、私は太鼓を叩いて踊り狂っていただけとはいえ。それはそれで疲れる業でした。

しかしあと若干の素材調整。

そして参加者さまのチェック。

がありますので、もうちょっとだけかかるんですが。

大ネタはあらかた片付きました。

完成版、お楽しみになさっていただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(54) 待てど暮らせど

GoShuです。

「自分担当分のスクリプトは土曜日一杯で終わらせる」という目標を立てました。たぶん実行できると思います。

とあるスクリプトに必要以上に時間を掛けていたのですが、そちらに目処が立ったので、本日帰宅後は一転して別作品のスクリプトにかかっていました。

そしたら、いやーこれが楽しいのなんの。

この楽しさは、多くがno nameさんがもたらしてくれたものです。

今回は、概ね本編スクリプトはサンプル版類似になります。一人ずつ出てきて発言する、というものです。

でもそこでメンバーが表情豊かに振舞ってくれると全然印象が違ってくるのですよね。

この作業が、この企画を始めてから一番楽しい作業かもしれません。

no nameさんには心からのお礼を申し上げるとともに、ずいぶんお待たせしておりますが、これをご覧の皆さまにも「どうぞお楽しみになさってください!」と申し上げるしだいです。

その前に参加者さまチェックがありますが……

今回は参加者さまに対し無報酬ではありましたが、これを誰よりも先に見られるだけで報酬になるのかなあ、と思ったりしています。

では本日は眠り。

明日引き続き作業を進めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(48) 飛入り (再登場)

タイトルが巻き戻りました。

戻った理由がございまして、これがサプライズの2となります。

今月初旬のことでございます。

わたくしがあぐあぐとスクリプトをしておりますと、一通のメールが飛び込んでまいりました。

「すばらしい企画だと思います。完成版を楽しみにしております」と、大意そのような内容でした。

ブログやtwitterでご期待の言葉をいただくことはあったのですが、わざわざメールをいただいたのは初めてでしたのでわたくしはたいそう喜び、小野堂さんと相談して、「イラストとかなら今からでも参加なさいませんか?」とご連絡しました。

そこでご快諾をいただき、先日ご作品を受領という運びになったものです。

というわけでご紹介が遅れました。8人目の飛び入り参加者、

松倉 くらり様

をご紹介いたします!

上記リンクから松倉様サイト『唄う鏡に跳ね卵』に行けます。同サイトにも『黒後家蜘蛛の会』のイラストがありますので、ぜひご覧ください!

そして、いただいたイラストはタダのイラストではなく、ちょっとした仕掛けがあるものでした。それを見た小野堂さんがさらにちょっとした細工を施したので、おもしろいコンテンツになったと思います。

これもまた、お楽しみになさってください!

さてさて、私事になりますが、ここ数日、債鬼に追われて仕事漬けの生活を送っておりました。よってまったく制作が進んでおりません。申し訳ございません。

連絡も滞ったことを松倉さんにもお詫びしたところ、陣中見舞いイラストを追加でいただきましたので、涼しさのおすそわけということで、こちらに先行発表させていただきたいと思います!

Getattachment_2

松倉さん、ありがとうございました!

というわけで、遅れた分を巻き返すべく、制作に戻ります。

おっと、こちらにももう新作が。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm11428724

ペース速いなあ。

今回もオリジナル、「見えない男」と「緑の人」でチェスタートン風味ですね。

こちらもがんばります。ます。

で、このシリーズ見てて、アバンタイトルがあるのがなんかかっこいいなあ、こちらでもやろうかなあ、と……

いやいや、そういうことを考えてるから遅くなるんだッ。自戒セヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿ぎのご報告です!

GoShuです。

本日はまず寿ぎと喜びのご報告をさせいただきたいと思います。

以前にも何度か本日誌ほかでご報告させていただいておりますのでご承知かと思いますが、本作品集のシナリオご執筆者の中に、「深緑野分」さまという方がいらっしゃいます。

この深緑さまが!先日発表になった

東京創元社主催「第7回ミステリーズ!新人賞」

におきまして、佳作入賞をなさいました!

制作過程におけるやりとりの中でこの件についてもお話しさせていただいておりまして、

「二次選考に残りました」「おお!」

「最終選考に残りました」「おおお!」

という感じだったのですが、このたびめでたく入賞という結果となり、ご縁をいただいた私も等しく喜びとするところであります。

まだ皆さまには深緑さんシナリオはご覧いただいていませんが、ますます楽しみにしてくださいませ。

あらためまして、おめでとうございました!

本来であればもっと多弁を弄し、かつ顔文字やら文字装飾やらをもっと施してお祝いしたいところだったのですが、「あまり派手にはせずに」というご本人のご意向がありましたためにジミ目にご報告させていただきました。

次の一言をもってご報告は終了させていただきたいと思います。

「深緑先生のノベルゲームが読めるのは、『黒後家蜘蛛の会贋作集』だけ」

(キャッチコピー作成/小野堂天乃介氏)

さてさて。

前記事で書いた「サプライズ」の一つが実は上記のことでした。前記事執筆時点においてはまだ最終結果が出ていなかったのですが。

よい流れになっておりますので、他のサプライズもよい方向に進むよう。

そして最大のサプライズが作品の出来になるよう。

引き続き制作を行いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サプライズなどなど

GoShuです。

ここのところ、ちょっと驚くことがちょくちょく起きています。

開店休業状態だった企画HPのトップのWeb拍手に、いきなり一日で4人の方(1人が4回ではなく)がおいでになったりとか。

no nameさんが制作してくださっているご作品の内容であるとか。

ほか、もしかしたらもう少ししたらご報告できるかもしれないこと(しかも複数)であるとか。

悪いサプライズではなく、いいものばかりであるのがありがたいことです。

刺激にさせていただいて、粛々とやるべきことをやっていきたいと思います。

スクリプトも慣れてきて、速度が以前の数倍になってきました。

スパートをかけていきたいと思います。

(とはいえ、9割方できた、という形になってから調整やら修正やらでそれまでと同じくらい時間がかかってしまうのがスクリプトなのですが……。って、それでは9割とは言えないぞ)

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(53) 水上の夕映え

GoShuです。

数日ぶりでございます。

体調も回復し、仕事も一段落ついたので、集中してスクリプトと連絡/調整にかかっています。

さあもう少しです。(とはいってもまだかなり作業量はあるのですが)

そして、少し企画HPのトップがごちゃついたままでしたので整理しました。

そして!それに伴い!

予告しておりましたとおり、グラフィック担当:no nameさんのお仕事を初お目見えといきたいと思います!

上記HPトップに「ミラノレストランの背景画」を載せさせていただきましたのでぜひご確認ください!

完成版への期待を高めていただけるのではと考えております。

no nameさんのご作品はこれにとどまらず。

それに立ち絵にとどまらず。

ロゴ、トップ絵、アイコン等々、

総合的に『黒後家蜘蛛の会』の世界をコーディネートしてくださっておいでです。

どうぞご期待ください!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

選曲やら背景やら。

GoShuです。

相変わらず仕事が逼迫しており、一日が早いのなんの。今日もこれから少しまた仕事をせねばならないのですが、スキをみて少しずつ制作も進めていっています。

こういうときにはあまり頭や神経を使わずにできること、すなわち単純なスクリプティングでありますとか、音楽素材や背景素材等をチェックすることを行うようにしています。

ミラノレストランの背景は今回 no nameさんがご制作くださったので(次回あたりでご紹介したいと思います!)、それ以外の背景となります。

なぜそんなものが必要となるのか、は見てのお楽しみということで。

選曲は私は凝ってしまうほうなので、もしほうっておくとどんどん増えていきます。そして重い素材も使いたいなと思ってしまいます。

するとどうなるかというと、曲データだけで数百メガになり。「ダウンロードに30分かかります申し訳ありません」という羽目に陥ります。

以前にも書いたかもしれませんが、フリーゲームはあまり重いとダウンロード&プレイしてくれにくくなるということで、そこらへんにも配慮が必要です。

というわけで、選曲は(主観的には)あっさりめの恬淡めでいこうと思っています。

ではでは制作にかかります。

その前に仕事か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(52) 三重の悪魔

GoShuです。

残念ながら日本は負けてしまいましたが、制作のほうは続くのであります。

悪いことに現在仕事が危殆に瀕しておりまして明日明後日も出勤、そういうときにはえてして別途の雑用なども降りかかり、てんてこまいの様相です。

その合間を縫って各種ご連絡やスクリプトをかりかりと進めております。

ただ、心身ともに好調で能率は妙にいいので、波に乗って進めていきたいと思っています。

そうこうしているうちにこちらも第三話が。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm11237981

今回は前二回とは違ってオリジナルストーリー。お題はメールで送られた暗号です。

こちらも負けてはいられませんので、刺激として進めていきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »