« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

準備準備。

GoShuです。

作品制作自体については、私の持ち分は現在特にありません。そうなると、ここにもご報告することは特になくなりますので、忙中閑ありというか、わりとゆったり過ごしております。

と。

よく考えると、あまりゆったりしている場合でもないということに気が付きました。

いざ公開ということになるといろいろやることがあるので、準備をしておかねばです。

とりあえず、企画HPの公開モード準備をしたりしていました。

いや、しかしその前に、「8月初旬公開」と7月31日に更新したまま(やらねばやらねばと思いつつもずるずると)1カ月放置していましたので、トップページを遅延お詫びモードにいたしました。

まあ、このお詫びモードもそれほど長くお目に掛けることはないと思います。(あと一カ月?いや、それはぜーーーったいにないです)

某氏いわく、「同人ゲームの90%は完成しない」

そういうもんなんでしょうかねえ。

でも『黒後家蜘蛛の会贋作集』については、「出ない」というか「出せない」ことを心配したことは一度もありません。

お待ちいただいている方の中には、もしかしたらその方面のご心配をなさっておられる方ももしかしたらおありかもしれませんが、そのほうはまったく大丈夫です。

なにしろ作ってるほうが心配してませんので。

粛々と、その日に備え、やれることを進めてまいります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重要素材をひとつお受け取りし。

GoShuです。

んー、いよいよカウントダウンに近い感じになってきました。

mixiで、小野堂さんからの突然のメッセをもらったのが去年の9月末。

それから始まったこの企画ですが、早いものでもう11ヶ月。もうすぐ1年になろうとしています。

最初は小野堂さんの作品のみが入ったサンプル版でしたが、今目の前にある完成直前版は質も量もまるっきり変わったものです。

何かを始める、何かをやるというのはすごいものだなあと他人事のように思います。

もうすぐ皆さまの前にお届けできるかと思います。

いましばらくの・・・願わくば、お楽しみになさっての・・・お待ちをお願いしたく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(59) アリバイ

GoShuです。

完成版、お待たせしております。

あらためまして、現在の進捗状況をご報告いたします。

・グラフィック担当、no nameさまからひととおりの素材を受領。ラフ絵一枚あり。

 no nameさまの残り作業として、上記ラフ絵の完成および立ち絵の最終調整。

・no nameさまから完成素材を受領次第、主宰がゲームに組み込み。動作確認。

・参加者さま最終チェック。

以上が終われば公開。

という形になっております。

本日は26日ですので、現在の見込みでは、8月中に出すのは少し難しいと考えております。

お待ちいただいている皆さまにはお詫び申し上げます。

その代わりと申してはなんですが、ゲームを起動するやいなや

「おお!」

という出来に仕上がると確信しております。

もうしばらくだけ、お待ちくださいませ。

総務謹言。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うむむむむ、一日が短い。

なぜこう短いのでしょうか。

なんだかぴゅうと過ぎて行く気が。

調整しては一日が過ぎー。

作品をお受け取りして一日が過ぎ―。

えいスクリプトだ。ずるりんばら。

てな日々です。書いてることおかしいですね。すみません。

ちょっと仕事も詰んでいてボケボケモードです。

次回はもう少しましなアーティクルにします。

遅れておりますが、制作は、進んでいます。

いま少しお待ちくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日はコミケに行っておりました。

GoShuです。

現在、素材内容の調整、ご制作待ち、および受領したものの順次のゲームへの取り込みを実施しています。

お待たせしておりますが、今しばらくのご猶予をいただきたく思います。

内容は・・・たぶん、ぱっと見で驚かれるレベルになっていると思います。

そして、本日は表題どおり、コミケに行っておりました。

何人かのお世話になった方にお礼回りです。

まず、募集用チラシを二回にわたってご作成いただいた

http://blackwidowers.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-f2df.html

http://blackwidowers.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-64c6.html)、

不機嫌亭ゲーム班(リンク先18禁)の進行豹さま。

直前まで追い込みをなさっておられたので若干お疲れの様子はおありでしたが、いつものように丁重かつにこやかにお話ししていただきました。

未制作部分がちょっと残っておられるようですが、暑い中、お体に気をつけてご制作していただきたいと思っております。

続いて、前回の冬コミの際に、「フリーゲーム作品集」の企画を立てられ、弊企画のサンプル版も収載して頒布してくださった(http://blackwidowers.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-f7fd.html)、

ステージななの片岡ともさまです。

コミケでは人の流れをよくするため、人気サークルは会場の壁際に配置されます。これを「外周」と呼びならわしますが、ステージななは外周の常連でいらっしゃいます。

12時過ぎに行ってみると、すでに作品は完売で、メンバーの方々は携帯ゲームに興じておいでです。まさしく勝者の余裕を体現しているの一言。

近寄って「片岡さんはおいでですか?」とお聞きすると、「ともさんは風邪で帰りました」とのこと。

あららー。残念ですが、よろしくお伝えいただくようお願いして、引き上げました。

最後に、本企画の最多紹介数をいただいている

wheel of fortuneの海野まぐおさん。

まぐおさんは同人ゲームサークル壁際ヒッキーの代表でもいらっしゃいます。

まぐおさん、会場内のあちこちを巡回しておられて、捕まえるのにくたびれたのですが(姿を見かけて追い掛けても、あちらは私の倍のスピードで移動なさるのでどうしても追いつけないのです)、やっとのことでご挨拶とお礼。

というわけで、片岡さんにはお礼ができませんでしたが、他のお二方にはお礼ができてほっと一安心。

余談。

実は、本日お会いしたとある方に、すでに本作品のβ版を見てもらっていました。

その方にお目にかかったところ、開口一番、

「ルービンとホルステッドが逆じゃないですか?」

え?えええ?ど、どういう意味?あ!まさかスクリプトミス?!

「えっ、そんなところありました?!」

「だって、ルービンは疎らな髪を逆立ててるんでしょ?あれはそうじゃないじゃないですか!」

・・・・・・

「あ、あの、ルービンが逆立ててるのは疎らな髯です。髪じゃなく」

「あああ、そーかー!」

まったくもって、人の数だけ黒後家蜘蛛の会があります。

本日からは、上記の方の頭の中のルービンはふさふさな髪を持つことでしょう。

よかったと言うべく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(58) 封筒

GoShuです。

早いなあ、もう前記事を書いてから5日になるのか!

一向にさぼってはおりませんつもりですが、時の経つのは速い。

現在、上がり素材を使っていろいろ修正を掛けたりなどしております。今しばらくおまちのほどを。

とかしているうちに、使用素材の再チェックをしておりますと、私担当のものに利用規約誤認があったことに気が付きました。

イロハのイだ。情けない。

というわけで土壇場で差し替え。

本日はその素材を撮影に、秋葉原などをロケハンしておりました。まことによさげな対象を見つけましたので、「ゲームを作ってまして、背景に使いたいのでここを撮影してもいいですか?」と店主さまにお願いしました。

するとかすかな苦笑とともにすぐに快諾をいただきました。

さすが秋葉原、聖地だなあ。

ご協力いただいたお店の名前をここでご紹介してご恩返しとしたいところですが、その後すぐ会社に行かなくてはならず気がせいていたため、お店の名前がわからないのです。

ダメダメだな。

そんなこんなでちょこっとばたばたしておりますが、このような日々ももうちょっとで終わりです。

名残惜しさや一抹の寂しさを感じてもいいと思いますが、なんか公開までそんな気になれそうにないな。なぜだ。

それはたぶん眠気のせい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(57) 四葉のクローバー

GoShuです。

参加者さまチェックも概ね終わり、小修正をちょこちょこと、という感じです。

この記事タイトルも第5集終了まであと3つとなり、いよいよ大詰めという感じです。

という雰囲気の中、本日帰宅してブラウザを立ち上げると、なぜかネットがつながらない。

ときどきこういうことがあって、各種通信機器の電源を再投入すると直ることが多いのですが、今回はダメ。

すっと青ざめ、「来たか!例のやつが!噂に聞く、土壇場に来る鬼が!暑かったしな!」と思い、自分がダウンでも小野堂さんがいれば大丈夫か、明日電話しようか、という考えが走馬灯のように駆け巡りました。

しかしそこで一瞬冷静になり、職業柄google.comにpingを放ってみたところ、正常に通信ができることに気づき。

ブラウザを再起動したところ正常になりましたとさ。

しかしほんとに相当あせりました。

他の通信デバイスも用意しとくべきだよな、と思いもしたものの、ノートPCも持っていませんし。

ことほど左様に同人ゲーム制作は危険がいっぱいなのですなあ。

各種インフラももちろん会社などに比べれば貧弱ですし。

バックアップを取っていればOKというわけでもない。

目に見える僥倖が制作に必要なことは常々見に沁みていましたが、目に見えない僥倖も必要なのだなあと実感した本日でございました。

・・・頼むからもう少しだけ正常稼働してくれよ。暑いけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »