« 黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(63) Lost In a Space Warp | トップページ | 黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(65) The Haunted Cabin »

黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(64) Police At the Door

GoShuです。

本日はまずはご報告。

かなり前に、参加者松倉くらりさんから、

Machiuke 携帯待受け画面をお作りいただいていたのです!

しばらく未発表のままとしてしまっていたのですが、今回ようやっと!

企画HPのWorksページからダウンロードしていただけるようにいたしました!

松倉さん、遅くなってすみませんでした m(_ _)m

・松倉さんイラスト版

・no nameさんイラスト版

と2種類ございます。

いずれも、ランダムに画像が切り替わる仕様になっております。

私の携帯はもちろん、すでにこの待受けに切り替わってます。

いやー、どちらもすばらしいですよ!

是非ダウンロードしてお試しくださいませ。

これを見ても、いろんな才能を持ち寄ってくださってできた作品集だなあ、とつくづく思うのです。

そして、拍手レスを。

お楽しみいただけたようで、大変うれしく思っております!

いただいた文面からも、「ああ、黒後家好きの方なんだなあ」と思って、それもうれしかったです。

拍手、ありがとうございました!

さて、昨日の続き。

参加いただいた方々と参加時期をまとめますと。

11月:切霧さん

1月:マルチヴァクさん

3月:nullさん

4月:深緑さん

5月:no nameさん

7月:松倉さん

となります。

コンスタントにご参加をいただいたように見えますが、その実、1月上旬から4月上旬までの3ヶ月間はまったくシナリオの増加がなかったということでもあります。

ちょうど昨日、no nameさんからメールをいただいて、「よくまああれだけマメに更新や勧誘をなさいましたね」と、半ば感心半ば呆れというお言葉を頂戴してしまいました。

でもまあ、それ以外やることがないんですからね。

もしかして、将来(広い意味で)類似の企画をやろうとなさっている方のために、あまり役には立ちませんが、ちょっとメモ。

・このブログは、企画HPには更新頻度の高いコンテンツがあったほうがいいだろうという意味がひとつ。主宰者の人となりをアナウンスして、偏屈な人間ではないということを自己紹介するという目的がひとつ(逆効果だったと言うべからず)。そして、SEOという目的がひとつ。でした。

・同人系の募集サイトにもいくつか登録しました。ただ、募集ターゲットとしては「ミステリ好きの方」「同人ゲームに関わりのある方」ということになりますが、後者に比べて前者にアクセスできるようなサイトはあまりありません。後者はわりと(かなり)たくさんありますが、ニッチ作品の二次創作募集でもありますので、ダメモト的な感じでもありました(これも、失礼なことだったかもしれませんが、SEOのこともちらっと考えてはいました。それが主目的ではもちろんありませんが)。

「ミステリ好きな人」にアクセスする、というのでは、たとえば右サイドバーのブログ村なんてのもあります。ブログ村のカテゴリが「推理小説」であって「ゲーム」ではないのは上のような意味もありました。(よろしければ記念に一回クリックしてみてください)

まあそういったことをこちゃこちゃやっていました。

とはいえ、今回のそういう活動が成功例と言いにくいのは覆いがたしですね。

ここのところは工夫の余地があったと思います。私にはちょっと荷が重かったですけど。

|

« 黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(63) Lost In a Space Warp | トップページ | 黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(65) The Haunted Cabin »

制作日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293148/36827316

この記事へのトラックバック一覧です: 黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(64) Police At the Door :

« 黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(63) Lost In a Space Warp | トップページ | 黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(65) The Haunted Cabin »