« 黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(64) Police At the Door | トップページ | 黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(66) The Guest's Guest »

黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(65) The Haunted Cabin

GoShuです。

この日誌もラス前でありますが・・・

なぜかまだ作業をしています。

必須作業はさすがにもう皆終えているので、不要不急の作業です。

でもこれが面白くてですねー。

うーん、この企画で一番楽しんでるのはやっぱりわしだな。

さて。前回の続きですが。

SEOについては、「黒後家蜘蛛の会」などでググれば相当上のほうに出るようになったと思います。

しかし、「黒後家蜘蛛の会」でググる人がどれだけいるんですかねえ。

少なくとも私はこの企画を始める前はググったことなんてないぞ。

このブログは、以前にも書きましたが、検索サイトでおいでになった方の検索ワードが確認できます。

「後家殺し」「イラスト」でおいでになった方がおられたのはその際書きました。その後それ以上に面白いワードがなかったのがまことに無念です。

で、純粋に感覚的なものですが、検索ワードのベスト5は以下のようだったと思います。順不同です。

・小野堂天乃介 or 安楽椅子犯人

・深緑野分

・池央耿

・逆転裁判 二次創作

・スコッチ ソーダ割り

一番上は説明不要ですね。

深緑さんはミステリーズ!新人賞パワーだと思います。注目を浴びているぞ。

池さんは、前半のほうで翻訳のことを多々書いていたのでそのせいですね。この関連記事はもう少し書きたかったんですが、まあ次の機会ということにしましょう。

「スコッチ ソーダ割り」については、来ていただいて後悔はなかったかどうかが気になるところです。これが目に付いたのは意外だったなあ。トランブルが偉大なのかサントリーが偉大なのかはよくわかりませんが。

一番下を除いては、来ていただいた方にも一定のメリットがあったかもしれない(興味が一部共通していたかもしれない)と思います。言うなれば検索が有効に働いた感があります。

それを逆手にとって。

たとえば、mixiにアシモフコミュがありますが、こちらにはmixiの機能で、参加者の多数が別に参加しているコミュの一覧があります。興味を持つ人が共通するコミュということですね。

この一覧に該当するワードをわざとブログに書いておくというのはアリだったかもしれません。

前回から姑息なことばかり書いていますが、一応公募企画(しかもニッチテーマ)のノウハウの一端ということでご容赦願いたいと思います。

私はもう、予測しうる未来において同人ゲーム制作に携わることはまずあるまいと思っていますので、考えたことを書くのはこれが最後の機会ということで。

あ、そうそう、同様に、企画HPについても訪問者がどこからおいでになったか分かるようにしていたほうがよかったですね。

企画HPがgeocitiesなのは、単に私がYahooBBerだということが理由でしたが、そこらへんのロギング機能がプアでしたから。

今回企画は、「カネを使わない」というのがポリシーのひとつでしたが、そこは金を掛ける価値があったかもです。

まあ、「カネを使わない」というのはいいポリシーだったと今でも思いますが。

しかし、金を使わない、といっても資料代はそれなりにかかりましたけどね(苦笑

なにしろウンチク系小説の贋作ですから。

でもまあ本などはいいとして、問題は部屋に並んだこの5本の香水をどうするかだ。

気長に付けるしかないか。

|

« 黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(64) Police At the Door | トップページ | 黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(66) The Guest's Guest »

制作日誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは! 先日からの総括記事、とても興味深く読んでいます。まとめをありがとうございます。
ところで…香水は何をお買いになりました?
(つい、気になってしまって…!)

投稿: null | 2010/09/22 03:52

うははは。そう来ますか。
いや、当時はnullさんに1本分くらい請求書を送ろうかなあと思いました(笑

ラインナップは以下の通りです。男性用、あるいはユニセックスとされているものを通販で買いました。(URLのショップさんではないです)

ニコス スカルプチャー オム
http://www.siawase-kousui.com/fragrance/sculputure_m.html

ローパケンゾー プール オム
http://www.siawase-kousui.com/fragrance/leaupar_kenzo_homme.html

エリザベスアーデン グリーンティー
http://www.siawase-kousui.com/fragrance/green_tea.html

ジバンシー ウルトラマリン
http://www.siawase-kousui.com/fragrance/m-givenchy.html

実は今回買ったのは上の4本だけで、下の1本は以前から買ってました。

カルヴァンクライン オブセッション フォーメン
http://tenant.depart.livedoor.com/t/beauty-fun/item3251566.html
出た!オブセッション!てな感じですね。(少し前に買ったので、このURLのものとは違いますが)

上の4つがオードトワレ。オブセッションがオードパルファン。(ここらへんのウンチクも入れたかったけど、くどいので)

私の感覚では、ウルトラマリンはユニセックスではないです。完全に女性向けだと思うんだけどなあ。
たぶん自分は付けないと思います。
(もし譲り受けたい方がおられましたら、kgt2008zzz@hotmail.co.jpまで。@は@に直してくださいpenguin

好きなのはケンゾーとグリーンティーです。
オブセッションは付けるTPOが訪れにくいので、ハンカチに少しスプレーして使ってます。


・・・黒後家関連ブログのコメント欄じゃないなあヽ(´▽`)/

投稿: GoShu | 2010/09/23 00:27

買いこまれましたね!
ラインナップ、素敵だと感じました。ローテーションができていいですね♪
 
>好きなのはケンゾーとグリーンティーです。
前者の調香師が Olivier Cresp で、後者が Francis Kurkdjian みたいです。
彼らのほかの香水もお求めになれるよう、作品リストを張っておきますね。
(なお、請求は受け付けられません(笑))
 
http://www.basenotes.net/fragrancedirectory/?perfumer=Olivier+Cresp
http://www.basenotes.net/fragrancedirectory/?perfumer=Francis+Kurkdjian
 
ウルトラマリンは、来夏まで寝かせてみると、案外つけたくなるかもしれないです。
譲るのはもったいないかな、とおもいます。
わたしには、そんな経験がありました。
 
また、この5つのなかで「抑制が利いて上品ではあるが…」のPure Fragrance や、作中のModestなどのほかの香水のイメージはどれに近いでしょうか?
 
(今回、再再々…読しましたが、「置きみやげ」は読むたびに、シナリオのその後のアンディとフレンチさんが気になりますね。
(その後、自分からアクションをとるには、フレンチさんは上品すぎるので、黒後家メンバーにお節介をやいてもらいたいような…。))
 
…と、黒後家ブログのコメント欄にふさわしいように、シナリオのお話もsun

投稿: null | 2010/09/23 11:13

ふわあーーー、さすが原案者さま。
こんなサイトあるんだ。想像もしなかった。
じゃあ、調香師さんも別に黒子でもなんでもないんですね。そうなんだ。
黒子と決めつけるような文章を書かなくてよかったー。

「抑制が利いて上品ではあるが…」ですか。
それはまあグリーンティーでしょうね。ティーノートだし。
グリーンティーノートとティーノートは違うのでしょうけど、他のに比べれば一番近いのは間違いなくこれですね。
ただ、もう少し男性的な感じがあったほうがいい気もします。

で、ゲストとアンディの後日談については、あまり詳しく言うとネタバレになるんで、「私はぜんぜん気にしてない」ということのみ申し上げたく。どうでもいい、という意味ではないですよ。
ついでに言えば、『婚約者』だって気にしてなかったりします。

投稿: GoShu | 2010/09/24 02:40

>ネタバレ
そうなんですよね!ひとつ前の書き込みでは、ネタばれ全開の言及をしそうになってしまって危なかったです。(送信前に一度修正しました。)スイマセン。
 
ゲストは、グリーンティーに少し男性的な感じを付け加えた雰囲気と思って再読すると、また格別ですね。
(インターネット越しに、視覚・聴覚以外の感覚が受信できるデバイスの登場が待たれますね!)
 
そして、後日談について「ぜんぜん気にしてない」というのは、面白いです。『婚約者』のほうも…。
ゲストは各自オトナなので、スマートに解決してしまうということでしょうか。
 
>黒子
あわわ…。
あのサイトについては、自分の買い物の参考のためだけに、たどり着いていたような経緯でしたので、恐縮です。
あのサイトの周辺を見ると、調香師は、大方の人にとっては黒子で、一部の香水オタクの人にとっては、スター、みたいな感じのようですね。

投稿: null | 2010/09/24 06:16

>一部の香水オタクの人にとっては、スター、みたいな感じのようですね。

そうなんでしょうね。知ってる人にとってはデザイナーの名前なんかどうでもいいわけですからね。
あるべくしてあるサイトなのかなあ。デザイナー側が不都合と思わなければ、あったほうがいいサイトですね。

で、「気にしてない」のほうは、これ以上言及するとネタバレ必至なので、あとはメール等にて。

今日は動画作成疲れでへろへろなのでもう眠りますが(泣

投稿: GoShu | 2010/09/24 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293148/36862771

この記事へのトラックバック一覧です: 黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(65) The Haunted Cabin :

« 黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(64) Police At the Door | トップページ | 黒後家蜘蛛の会贋作集日誌(66) The Guest's Guest »