« 報告と執筆と。 | トップページ | 「締切りがなければ、作品数は十分の一だった」 »

前回記事の反響とか。

GoShuです。

ゆうべは、7時ごろに所用から疲れて戻ってきて、ちょっと仮眠しようと横になったら、目が覚めたのは朝でした。

というわけで、ちょっと遅刻の週イチブログです。(いや、週イチと決めたわけではないですけど)

前回の記事に対して、とある参加者様から、

・『猫当てゲーム』に「伯父は電子メールはできない世代なんです」と書いてある。
・『一文字の伝言』に、イチローが出てくる。
・自分は、21世紀の話かと思っていた。(GoShu作品を除く)

などのご指摘/ご感想をいただきました。

『猫当てゲーム』の当該部分はすっかり失念していました。
切霧さんごめんなさい。指摘者さまありがとうございます。

イチローは意識的に「例外扱い」としてたんですけど(笑

また別の参加者さまからは、

・たしかに、携帯は違和感があるかな……。

とのご意見。

やはり感じ方はいろいろかな、と思います。

「それぞれの『黒後家蜘蛛の会』を持ち寄る」というのがコンセプトの企画ですので、そのあたりは各作者さまにお任せする形としたいと思います。

そして、先週悲しんでいたら、

http://www.enlog.jp/enqResult/13853/

ありがたいことに「応募したい」という方からご投票いただきました。

ありがとうございます。

お目にかかれることを楽しみにしております。

制作のほうは、これまた某参加者さまから、とある作品をいただきました。

ありがとうございます!

これについては、取扱いを考えたうえで、完成版にてお披露目の運びとしたいと思っています。

お楽しみに!

わたくしの制作のほうですが、ようやっとプロット再構成がまとまったかと思ったら、時間が取れない日々が続く仕儀とあいなりました。

しかし次回の記事までには私のシナリオを完成させたいと思います。

そんなこんなで進めております。

もろもろばたばたしておりますが、ナントカの習いとて、風邪はひかずに過ごしております。

季節の変わり目でございますので、どうぞ皆様もお体には気をつけて。

Banner_s1_2

|

« 報告と執筆と。 | トップページ | 「締切りがなければ、作品数は十分の一だった」 »

制作日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293148/47641665

この記事へのトラックバック一覧です: 前回記事の反響とか。:

« 報告と執筆と。 | トップページ | 「締切りがなければ、作品数は十分の一だった」 »