« いろいろ進めてます。 | トップページ | 初稿脱稿、そして現状のご報告。 »

うれしいメールをいただきました!(舞台版黒後家の話)

GoShuです。

とてもうれしいメールをいただきましたので、皆さまにもご紹介させていただきます!

先日、企画HPメールフォームから、以下のメールをいただきました。(ご本人の許可を得て、掲載させていただきます。)

-----------

黒後家蜘蛛の会と出会ってかれこれ30年、僕はラジオドラマから原作に進んだ口ですが、今はこの連作を舞台に乗せたいとずーーっと考えております。まだ実現には程遠い状況ではありますが、皆さんの存在が僕に勇気を与えて下さいました。

今回、自分と同じ様に黒後家蜘蛛の面々を愛して止まない方々と巡り合えた事を心から嬉しく思っております。

これからも宜しくお願い致します。

-----------

署名は「舩阪裕貴」さんとありました。

ちょっと調べてみたところ、声優もなさっておられる役者さんでおいでのようでした。

……いや、ほんとにうれしかったです。

舞台版の黒後家!

それだけでももちろんわくわくしますし、ぜひ見てみたい!と、このブログにお越しの方ならどなたもそうお感じになられると思います。

加えて、私の立場からしますと、「こういう計画を温めておいでの方に対して刺激になることができた!」という、さらなる喜びがありました。

この企画を最初に立ち上げたのは、何度も言いますように小野堂さんです。

企画のことを最初に聞いたとき、「面白いし、やる価値がある!」と即座に思いました。

勘というか、一瞬の感覚と判断でした。

このメールをいただいたとき、そのことを思い出して、「間違えてなかったよな、やっぱりやる価値があることだよな」と改めて思いました。

価値あることは、こういう広がりになっていくことがあるのだと思います。

舩阪さんも、実現にこぎつけるまでに多々乗り越えなければならない障害・課題もおありと思いますが、ぜひとも夢の舞台を見せていただきたいと思います。

がんばってください!

※お礼のメールをしたためたところお返事をいただき、

 「キャスト腹案」も少しだけ教えていただいたりしました。

 舩阪さん同様、声優もなさっておられる役者さんが主で、

 中には私でも知っているようなお名前もあり、「キャホ!」と

 思ったことをちょっとだけ補足させていただきます。

演劇については門外漢である私(小野堂さんも)には、直接にお役に立てることはなにもないのですが……

我々としては、がんばって少しでもいいゲームを作ることによって、側面からエールを送っていきたいと思っています。

そして、それがあるべき姿ではないかなあ、と思います。

Banner_s1_2

|

« いろいろ進めてます。 | トップページ | 初稿脱稿、そして現状のご報告。 »

制作日誌」カテゴリの記事

黒後家蜘蛛の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293148/48112464

この記事へのトラックバック一覧です: うれしいメールをいただきました!(舞台版黒後家の話):

« いろいろ進めてます。 | トップページ | 初稿脱稿、そして現状のご報告。 »