« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

作品紹介ページを改訂いたしました。マルティノ☆ティリモさんのお名前が変わりました。

GoShuです。こんばんは。おひさしぶりです。

前回から引き続き、運営周りのほうにいそしんでおりました。

ためにブログの更新が遅れましたが、前回の予告どおり、企画HPを更新できましたのでご報告いたします。

まずは!

新規シナリオを、マルティノ☆ティリモさん、松倉くらりさん、nullさんが、ばばばばば!とご制作くださいました!

よりまして、いま現在の収録予定シナリオは以下となります。

●うってつけの題名(マルティン☆ティモリ)

●ヘルツの問題(マルティン☆ティモリ)

●ブラック・ウィドワー・イレギュラーズ(マルティン☆ティモリ)

●怖がり[仮題](GoShu)

●三番目の私(松倉くらり)

●Five Ws(null)

実は、ティリモさんの『ブラック・ウィドワー・イレギュラーズ』は、かなり前にいただいたものでした。

なのですが、これ、題名どおりと言いますか、ちょっと一風変わった作品でして。

「絵をどうしようか」などなどのことを先に解決せねばならなかったため、ちょっとご紹介が遅れた次第です。

とはいえ、前回までの3作から一気に倍増!

ということで、なんと言っても、まずは心から寿ぎたいと思います。

これをご覧の皆さまも、なにとぞお楽しみになさってください。

そして、上の作品一覧で少し変な記述があることにお気づきの方もおられると思います。

これまで何度もご紹介させていただきましたとおり、第2回企画最初のシナリオにしてサンプル版収録作『うってつけの題名』の制作者さまは「マルティノ☆ティリモ」さんです。

で、このお名前は、『うってつけの題名』作中に登場するゲストも同名であり。

かつ、このお名前自体、キプロス出身の実在する音楽家さんのお名前から取られたものです。

そのあたりについて、翻訳その他における要確認事項が発生したため、ティリモさんにいくつかお尋ねをしたところ、

「そもそもこの名前はニコッとタウン限定で、深く考えずに付けたものなので、このたび贋作集でも使うことになった機会に変えたい」とお申し出があり。

私もびっくりしたことに、新規お名前として「マルティン☆ティモリ」をご提示いただくという運びになりました。

というわけで、ティリモさんのお名前が変わりました!ということ、ご報告させていただきます。

なんで「ティモリ」さんなんだ、なのですが。

実は以前、小野堂さんが氏の名前を間違えて「ティモリさん」と書かれていたことがありました。ティリモさんもそのことを憶えておられて、それを気に入ったので、ということです。

なんか以前、似たようなことがあった気もしますが。

「書き間違いを真実に変える男、小野堂天乃介」というキャッチコピー、

および、上記の諸点は企画HPにも反映いたしました、ということをもって、今回報告を終わらせていただきたいと思います。

んで。

実はその他にも、新規参加者さんから新規シナリオをお送りいただき(うれしい!)、その調整などもしておりました。

こちらの方も、晴れて参加者クレジットの運びとなることを心待ちにしたいと思います。

今回はこんなところです。

ご覧になっておわかりのように、一気に勢いがつきつつあります。

この勢いが落ちず、ますます充実することを祈りつつ、

いつもの一言を。

「“あなた”のご参加を、引き続き、心からお待ちしております。」

Banner_s1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疾風怒濤の年初です

GoShuです。

ずいぶん間が空いてしまいました。申し訳ありません。

とはいえ、さぼっていたわけではさらさらなく。

前回記事から起こったことをご報告いたしますと。

・参加者のお二方から、完成ないしほぼ完成の原稿を頂戴した。

・運営について、参加者がもっともやりやすく、かつ主宰の負荷も低下させる方法を協議していた。

……というあんばいでして。

なんだか、新年になって、ばばばばばばばばば!と状況が動いた、という感じです。

現在企画HPに名前がある皆さま全員と密度の濃いやりとりをしており。

うーん、その密度たるや、前回企画の最終盤、リリース直前の状況を凌駕する状態でした。

前回は、以前の記事にも書かせていただきましたが、わりとゆったりとした進行で。

今回はさすが2回目、かつ、英語版も存在する、ということで、やっぱり前回とは少し違うなあ、という実感があります。

運営するにあたっても、主宰の能力と時間の許す限りにおいて最善を尽くすべく、改善すべきは改善しなければいけないなぁ、と考えております。

というわけで。

今回は「動いています!!」というご報告とさせていただき。

おそらく次回更新時には、企画HPの「作品紹介」ページも改訂させていただくことになるかと思います。

参加者の皆さまのおかげをもちまして、

「進んでおります!!!」

というご報告をもって、今回の記事を終わらせていただきます。

そして、いつも書くことですが……

改めまして。

まだまだ。

「あなたの」ご参加をお待ちしております。

Banner_s1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。企画HP更新しました。

GoShuです。

たいへん遅れてのご挨拶となりますが、あけましておめでとうございます。

今年も本企画をよろしくお願いいたします。

今年は第二作の発行年でございますので、ますますはりきってまいりたいと思います。

新年一発目に、しばらく放置してしまっていた企画HPを更新いたしました。

下の画像クリック、あるいは右メニューからご覧いただけます。

Banner_s1_2

主な内容としては、

・作品紹介ページの開設。

 →第二作の現時点におけるご紹介をさせていただいております。

・募集ページの説明追加。

 →これまでにいただいた疑問等について追記しております。

  また、現時点でまだイラスト等のグラフィック応募者さまが0人ですので (T T)、

  少しそのあたりを強めにお願いする追記もしております(切実)

といったところです。

プレイを楽しみになさってくださっている方、参加をお考えになってくださっている方におかれましては、ご一読いただければ幸いです。

(今回、アンケート http://www.enlog.jp/enqResult/13853/ に、「参加したい」とおっしゃってくださる方が増えたこともありますし!)

さて、この正月は、3年ぶりに小野堂さんと会見してきたりしました。本企画に直接大きな実りがあるものだったかどうかはわかりませんが、とりあえず非常にお元気そうでした。

同氏のシナリオをお待ちの方は、お楽しみになさってよろしいかと思います。

そして、グラフィック担当no nameさんとも初会談をしてきたりしました。

こちらのほうは直接実りのある会見だったと思われます。

また時が来れば、皆さまにももろもろご報告させていただきます。

そんなこんなでいろいろ制作がらみの行動が多かった年始でしたが、昨年の多忙のためにいろいろ滞っていることも多いので、ペースを崩さずにやっていきたいものです。

それでは、まずは年頭の日誌は以上とさせていただきます。

皆さまにとっても、今年がいい一年でありますように。

Banner_s1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »